屋根の塗装について

2016-07-19

外壁の塗装をする時によく聞かれるのが、「屋根の塗装」についてです。もし、ご予算に見合うようであれば屋根も同時に塗装していただくことをお勧めしています。

 

■外壁と比べて劣化が早い屋根の塗装。

外壁と比較すると屋根は、紫外線や砂・埃・雨・時には雪、過酷な環境に常にさらされ、家の中でも最も傷みやすい場所であるといわれています。外壁で10年の耐用年数のある塗料でも、7年程の耐用年数になるといわれています。

 

■屋根に大事な機能はやはり防水性と断熱性

過酷な環境で家を守ってくれる屋根ですが、塗料が劣化すると防水性が損なわれたり、ひび割れなどが起こり中に雨水が浸入してきます。雨水が浸入してきた時は屋根にかなりの劣化があると考えても良いでしょう。しかも外壁と違い屋根の痛み具合はなかなか確認することができません。そのような理由からえがみ塗装では最低でも10年に一度は定期的な点検をおすすめしています。

 

■暑い夏を和らげる遮熱塗料

また夏は涼しく冬は暖か快適に過ごすために、屋根の断熱・遮熱機能はとても重要です。特に現在のような暑い夏の場合、屋根で暖められた空気は家全体に影響を及ぼします。1階は涼しいのに、2階は暑過ぎるということはありませんか?

その場合は遮熱塗料をご検討されてもいいかもしれません。

最近では塗料も進化していますので、遮熱効果に優れた塗料が各社から発売されています。

 


Copyright© 2015 株式会社えがみ塗装 | 久留米、八女、鳥栖 | 塗り替え,外壁塗装 All Rights Reserved.